【初心者向け】SBIネオモバイル証券の有効的な使い方!メリット・デメリットや評判を解説!

SBIネオモバイル証券の有効的な使い方 投資の知識

1株から株を買うことができるSBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット・デメリットをふまえ有効的な使い方について解説していきます。

結論からいうと、投資初心者の方はネオモバで株取引の練習をすることをおすすめしたいです。

高配当株をドルコスト平均法で積み立てていくのもありですが、1株から投資ができ、リスクや資産が少ない状態で投資の練習が出来るのは大きなメリットですね。

ネオモバが初心者におすすめな理由と有効的な使い方を特徴を踏まえながら解説していきます。

ネオモバの特徴

SBIネオモバイル証券はネット証券業界1位のSBI証券Tポイントのデータを使いマーケティングを行うCCCマーケティングの合弁会社として2019年4月1日からサービスを開始した証券会社です。

新しい証券会社ですが、業界最大手のSBI証券がバックに付いているので安心できますね。

そんな新しい証券会社であるネオモバはサービスも特徴的です。

1株単位で株が購入できる

ネオモバは1株単位で株を売買できます。

通常、株の売買は100株単位での取引が基本となります。

つまり、株価1000円の株を買う場合は10万円必要になるのが基本でした。

株を始めたばかりで投資資金が少ない人はなかなか手を出しづらいですよね。

しかし、ネオモバであれば1株から取引ができるので株価1000円の株は1000円から買うことができます。

10万円と1000円ではかなり大きな差です。

投資資金が少ない初心者でも1株から株を買うことができ、投資へのハードルがかなり引くのがネオモバの特徴の1つです。

売買手数料が月220円からの定額制

通常、株を売買すると手数料がかかります。

しかし、ネオモバの場合は売買の手数料がかかりません。

その代わり、売買代金に応じてサービス手数料がかかります。

その手数料もかなり安く、月50万円までの取引の場合は220円(税込み)で取引が可能です。

かなり手数料の安く抑えられているのが特徴です。

50万円を超えると以下のように手数料が変動します。

月間の株式取引約定代金合計額サービス利用料
0円~50万円以下220円(税込)
50万円超~300万円以下1,100円(税込)
300万円超~500万円以下3,300円(税込)
500万円超~1,000万円以下5,500円(税込)
以下、100万円ごとに1,100円(税込)が加算されます。(上限なし)

1000万円を超えると手数料がかなり高くなりますが、初心者のうちから頻繁に売買することもないかと思うので問題ないでしょう。

少額資金のうちは手数料がかなり安く抑えられます。

ちなみに、親会社のSBI証券は50万円分株を買うと275円(税込)の手数料がかかるので、ネオモバの手数料が良心的であることがわかりますね。

Tポイントで株が買える

株式投資はお金が必要ですが、ネオモバはTポイントでの取引もできます。

ネオモバにログインしてTポイント利用手続きを行うことで持っているTポイントで株を買うことができます。

500円以下で買える株もあるのでTポイントが貯まっていて使い道に困っている人は使ってみてもいいかもしれませんね。

ネオモバのメリット

特徴的なSBIネオモバイル証券ですが、代表的なメリットをあげると以下のようなものがあります。

ネオモバのメリット
  • 少額資金から投資を始められる
  • 毎月200Tポイントがもらえる
  • 1株でも株主優待や配当金がもらえる

少額資金から投資を始められる

1株から投資を始められるので、少額資金で始めるためにネオモバを選ぶ人が大半ではないでしょうか。

「株式投資に興味があるけど元手があまりない。」

「何十万円、何百万円をいきなり投資に使うのは怖い。」

といった人は多いと思います。

私も最初は30万円くらいから投資を始めましたが、それでも1日に数万円動いたときはドキドキしました。

お金が1日に動き続けるというのは慣れがやっぱり必要です。

そういった人もネオモバなら少額資金で投資を始められるので株式投資の入り口としてはもってこいだと思います。

小さい金額での投資なら損しても大した金額にならないのでいい経験にもなりますしね。

毎月200Tポイントがもらえる

毎月「期間固定Tポイント」が200ポイントもらえます。

50万円以下の取引の場合の手数料は220円なので、実質ほぼ手数料が無料で取引できるようなものです。

かなりお得です。

ポイント付与のタイミングはサービス利用月の翌月第一営業日夜間予定です。

8月にネオモバの利用がある場合は9月1日の夜にポイントが付与されるようなイメージですね。

注意点としてはこのポイントは期間限定で付与された月の翌月最終日までしか利用てきません。また、ネオモバでしか利用できないポイントです。

普段のTポイントと同じようには使えないので注意が必要です。

ただ、毎月200ポイントがもらえるので、50万円以下の少額取引の場合は手数料を気にしなくていいのは魅力的ですね。

1株でも株主優待や配当金がもらえる

株式の投資の醍醐味として株主優待や配当金があります。

ネオモバで1株投資をしても配当金や株主優待をもらうことができます。

通常、配当金は1株あたりで出されるものなので、たとえ保有株数が1株、10株、100株でも保有数に応じて配当金がもらえます。

高配当銘柄を毎月10株ずつドルコスト平均法で積み立てていくことでもらえる配当金を増やしていくことも可能です。

株主優待に関しては多くの銘柄が「100株以上」という条件がありますが、銘柄によっては1株でもらえるものもあります。

例えばこんな銘柄があります。

コード銘柄優待内容
2168パソナグループ淡路島の自社グループレストランで利用できる優待食事割引券(30%割引)
3201ニッケQUOカード(500円相当)
3405クラレオリジナルカレンダー
6617東光高岳福島県産品カタログギフトの割引(1,000円相当~)
8173上新電機買い物券(5,000円相当)

これらの銘柄以外にも1株で優待がもらえる銘柄はいくつもあるので探してみると楽しいかもしれませんね。

ネオモバのデメリット

ネオモバにはデメリットもあります。

ネオモバのデメリット
  • 使わなくてもサービス利用料がかかる
  • NISAに非対応
  • 注文が約定するまで時間がかかる

順番に見ていきます。

使わなくてもサービス利用料がかかる

ネオモバの最低手数料は220円(税込)です。この手数料は0~50万円の取引を1ヶ月に行った場合にかかります。

0円でも取引手数料がかかってしまうので取引をしなくてもランニングコストがかかります。

「常にランニングコストがかかるなら使わないときはどうするの?」

という疑問が浮かびますよね。そこは安心してください。

ネオモバには「一時停止」というものがあり、取引をしないときは一時停止手続きを行えば手数料はかからなくなります。

一時停止を行った翌月から有効になるので、株を買う資金がなくなったり、売買しない予定がわかっているなら一時停止をしてランニングコストを抑えることができます。

もちろん、一時停止中でも持っている株の優待や配当金はもらえるので安心してください。

一時停止をしないと、株の売買がなくても220円かかるのでその点は覚えておきましょう。

NISAに非対応

売買益や配当金にかかる税金が120万円分の株式に対してはかからないNISAに非対応です。

ネオモバのような少額投資にはもってこいな制度のような気もしますが、残念ながら非対応なのでNISAが使いたい場合は他の証券口座も作っておきましょう。

注文が約定するまで時間がかかる

株の売買注文が成立することを約定(やくじょう)と言います。

通常、株の注文は100株単位であればすぐに売買を成立させることができます。

しかし、ネオモバで1株単位で注文を出す場合は売買が成立するまで時間がかかります。

注文時間約定タイミング
0:00~7:00当日前場始値(9:00頃)
7:00~10:30当日後場始値(12:30頃)
10:30~13:30当日後場終値(15:00頃)
13:30~24:00翌営業日前場始値(翌日9:00頃)

注文したときの株価で売買が成立しないので注意が必要です。

株式投資において株価は常に変動するものなので、タイミングが悪いと10%以上上昇してしまうこともあります。

そのあたりがネオモバの単元未満株(1株投資)のデメリットです。

ネオモバの評判

ネオモバは1株から株を買えるので様々な使い方をしている人がいます。

高配当株を買い続けるもよし、気になる銘柄をドルコスト平均法で買うもよしと使い方は様々ですが多くのユーザに利用されています。

ネオモバの有効的な使い方

ネオモバの特徴やメリット、デメリットについてご紹介してきました。

では、ネオモバをどのように使うのがいいのか、私なりのおすすめの使い方を紹介します。おすすめの使い方は2種類です。

  • 株式投資の練習に使う
  • 値嵩株を買う

順番に見ていきます。

株式投資の練習に使う

ネオモバのいいところは1株から株式の売買が可能なことです。

1株での投資では得られる利益は正直かなり少ないです。

反対に言えば損失も少なく済むということ。

株式投資を初めてする人は、株を買って利益を得るというのはどのようなものなのか理解するために使うことをおすすめします。

初めて投資を始めていきなり何十万、何百万もの金額を運用するのって緊張しますよね。

そういった運用を行う前にネオモバで少額で運用した経験があれば、どのような株を買えばいいのか、どのようなタイミングで買えばいいのかといった経験を積めます。

どんなことでも始めは失敗します。そのときに損失は小さい方が心理的な負担も小さいですからね。

また、自分の資産が株価とともに変動することでどのように自分が感じるのか知るためにもネオモバの1株投資は有効だと思います。

資産が上下して自分がどう感じるのか、実際にやってみないとわからないものです。経験を積むといった点でもネオモバでの1株からの投資は効果があります。

まずは投資の練習としてネオモバを利用してみることをおすすめします。

値嵩株を買う

こちらは初心者向きかはわかりませんが、株価がかなり高い値嵩株を売買するときにネオモバを使うのもおすすめです。

任天堂やユニクロで有名なファーストリテイリングといった株は2020年8月1日時点で1株5万円以上で100株買うと500万円以上かかります。

チャート画像 チャート画像

そんな値嵩株もネオモバなら5万円から買うことができ、かなりハードルが下がります。こういった値嵩株を売買できるのはネオモバのいいところですね。

他にも値嵩株は数多くあります。そういった銘柄を売買するときにネオモバはおすすめですね。

少額から投資をするならネオモバ

ネオモバの特徴やメリット・デメリット、私のおすすめの使い方を解説してきました。

特に投資初心者の人が株式投資に慣れるためにネオモバを使うのは大いにありだと思っています。

資産形成の手段として投資は切り離せない手段だと思います。

ネオモバで経験を積み、少しづつ投資に慣れて資産を形成していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました