【LINE証券】買付手数料0円!株のセールがある珍しい証券会社

LINE証券 投資の知識

多くの人が使っているLINEから株式投資ができることで最近注目を集めているLINE証券について紹介しようと思います。

最近できた証券会社だけあって、売買手数料が安かったり、1株から投資が出来たり、株のタイムセールなんていう変わったサービスもしている証券会社です。

LINE証券0714

LINE証券の概要

LINE証券は2018年6月に設立された会社で、LINEと野村証券が組んで出来た証券会社です。

LINEは国内にアクティブユーザが8000万人以上(2020年3月末時点)いると言われており、サービスの宣伝などをLINEを通して行ったりもしています。

LINEをしている方なら一度は目にしたことがあるかもしれませんね。

このあたりは他の証券会社と違った強みですね。

また、野村證券はオンラインサービス利用口座数は4000万口座以上となり、こちらも業界大手の一角です。

コミュニケーションサービスの大手LINEと証券会社大手の野村證券が組んだ新しい形の証券会社ですね。

LINE証券の特徴

できてから期間が短いLINE証券ですが、最近できたからこそ競合他社と違った特徴がいくつかあります。

順番に見ていきましょう。

現物株式の買付手数料が0円

通常、株を売買するときは手数料がかかります。証券会社の収益源の1つなので、どの証券会社でも株を売買すると手数料がかかります。

そんな株の売買手数料ですが、LINE証券は現物株の「買付時」に手数料が0円となります。

いくら株を買っても手数料が0円というわけです。

常に0円だと証券会社が成り立たなくなってしまうので、売却時には手数料が掛かる仕組みになっています。2020年8月1日時点の手数料はこのようになっています。

売買代金買付売却
5万円以内無料99円
5万円超、10万円以内176円
10万円超、20万円以内198円
20万円超、50万円以内484円
50万円超、100万円以内869円
100万円超、150万円以内1,056円
150万円超、3,000万円以内1,661円
3,000万円超1,771円

基本的に買付は手数料0円です。

売却するときに手数料がかかりますが、他の証券会社の売買手数料と比較しても低額の手数料になります。

証券会社を選ぶときに手数料というのは大事な観点になります。何回も売買すると数百円の手数料もバカにならない額になっていきますからね。

売買手数料が500円と1000円の証券会社だと100回売買すると5万円の差が出ます。5万円はかなり大きいですよね。

現実にこのくらいの手数料の差はありえるのでLINE証券の手数料の安さは利用者に優しいですね。

1株から株の売買が可能

LINE証券は1株から株を買うことができます。

通常、上場している会社の株を買うときは100株単位での売買になります。1株1000円の株だと10万円ないと買うことができないんですね。

株初心者の方や少額資金の方だと数銘柄買っただけで資金が尽きてしまうこともあると思います。

しかし、LINE証券なら1株から株を買えるので1株1000円の株を買うときも1000円あれば買うことができます。数百円から買うことができる株もあるので初心者が投資に慣れるにはかなりいいサービスだと思います。

1株と言っても配当金ももらうことができますし、会社によっては株主優待もあったりするので株式投資の醍醐味の1つである配当金や優待がどういったものか肌で感じることができます。

注意点としては、すべての銘柄が1株から取引出るのではなく、LINE証券が指定した約300銘柄が対象となります。

上場企業は3000社以上あるので少しここは物足りないかもしれませんね。

もっと多くの会社を1株からの単元未満で取引したい場合はSBIネオモバイル証券を使うといいかもしれません。SBIネオモバイル証券はLINE証券のように1株から取引できる株の制限はありません。

株のタイムセールで安く株が買える

LINE証券の変わった特徴の1つとして、株がセールで安く買えます。

その名の通り、通常の価格から最大7%OFFで株を買うことができるので、いきなり含み益状態からスタートすることができます。買って次の日に速攻で売ってしまえばよほどのことがない限りはすぐに利益が出ますね。

LINE証券 株のセール

株のセールは2020年8月現在、毎月開催予定とのことで、うまくセールに乗れればお小遣い稼ぎもできます。

ただ、タイムセールには参加条件があり、毎回条件が変わるので少し手間なところもあります。8月のセールだと、

8月20日
  1. 7/23~8/12の間に口座開設の審査が完了し、8/20 17:00のタイムセール開催時点で取引開始手続きを済ませている
  2. 8/18の16:59時点でLINE証券口座に株式等の評価額が10万円以上ある

いずれかの条件を満たした場合に参加が可能となります。

また、8月31日にもタイムセールが行われますが、条件は

8月31日
  1. 8/13~8/20の間に口座開設の審査が完了し、8/31 17:00のタイムセール開催時点で取引開始手続きを済ませている
  2. 5/1~7/31の期間でLINE証券での株式等の相対取引を5回以上行っており、8/27の16:59時点でLINE証券口座の株式等の評価額が1万円以上ある

といったいずれかの条件を満たす必要があります。簡単に言うと、LINE証券をしっかり使っていればいつでも参加できますが、セールだけを狙おうとするとなかなか条件が厳しくなるというわけですね。

ただ、やはりタイムセールで株を買えるとそれなりにお得なので参加できる人は参加したほうがいいと思います。

過去には任天堂が7%OFFで買えたこともありました。任天堂の現在の株価は56,390円です。単純に7%FFなら約3,900円ゲットできます。

何もせずに3,900円貰えるなら参加したほうがいいですよね。

株のタイムセールという変わったイベントがあるのもLINE証券の特徴です。

LINE Pay・LINEポイントに対応

LINE証券は入出金にLINE Payに対応しており、LINE Payの残高を投資に回すことが可能です。また、出金するときにLINE Payに出金してそのままLINE Payとして利用することもできます。

また、LINEを利用して出てきたLINEポイントもLINE証券に1ポイント1円として利用することが可能です。

大量にポイントが貯まっていて使いみちを決めていない人はLINE証券で株を買ってみるのもありかもしれませんね。

ポイントで投資をすると損しても元々はなかったようなものなので心理的な負担も少なく済みそうです。

LINE証券のデメリット

LINE証券の特徴をいくつかあげてきましたが、LINE証券にもデメリットがいくつかあります。

1株投資は取引コストがかかる

LINE証券は1株から株を買える証券会社ですが、1株単位での買付時には取引コストと呼ばれるものが発生します。

買付の手数料は無料ですが、取引コストがかかるという少しややこしい仕様です。

取引コストのことをスプレッドとも呼びますが、このような割合になっています。

9:00-11:20、12:30-14:50取引所(東証)の最良気配を基準に0.05%*のスプレッドを加減算
11:30-12:20前場終値に0.05%*のスプレッドを加減算。ただし終値引けのみ対象。
17:00~21:00翌日基準値段に0.5%*のスプレッドを加減算。
LINE証券 スプレッド

東証が開いている9:00~15:00の間は0.05%、それ以外は0.5%の取引コストがかかるというような認識でいいと思います。

例えば、株価1000円の株を買う場合は1000円×0.05%=0.5円 となるので切り上げで1円の取引コストがかかります。

取引コストと言われているので結構掛かるようなイメージを持つかもしれませんが、少額取引なら大した金額にならないので気にしなくてもいいかもしれませんね。

少しだけ取引コストがかかり、分かりづらい面があります。

NISAに非対応

LINE証券は一定の売買益に税金がかからなくなるNISAに対応してません。

少し残念なところではありますが、NISAで非課税運用したい人にとってはLINE証券はあまり向いていないかもしれませんね。

ただ、少額で売買する場合は税金も大した金額にならないと思うので問題ないかもしれません。

四季報が読めない

LINE証券は会社四季報が読めません。

多くのネット証券会社は無料で会社四季報が読めるようなサービスがあるのですが、LINE証券にはそのようなサービスはありませんでした。

これは少し残念な点です。

ただ、業績推移など、会社としての情報はしっかりと確認できます。また、独自のテーマでのスクリーニング機能などもあるので、シンプルさが好きな人には使いやすいかもしれません。

LINE証券 業績画像

LINE証券 カテゴリ

画面レイアウトはシンプルで見やすいです。

スクリーニングなどの機能面では少し物足りないかもしれませんが、LINE証券が独自にまとめてくれたスクリーニング条件があるので、始めはそちらでも十分かと思います。

投資初心者やセール狙いで作るならありな証券会社

LINE証券はLINEユーザにとってはLINEから直接株式取引ができるので使いやすい証券会社ではないでしょうか。

株の買付手数料が無料といった特徴もあり、手数料面でも他の証券会社には負けていません。また定期的な株のタイムセールなどもあり、少額資金の方にとってはありがたい証券会社かと思います。

LINEから口座の申し込みもできるので、手続きも簡単です。書類の提出等も全部スマホで完結してしまうので、さすが最近出来た証券会社だけはありますね。

興味のある方は口座開設してみてはいかがでしょうか。

以下のリンクから申し込むと私の友達紹介でLINEポイントが1,000Pもらえます!

LINE証券0714

タイトルとURLをコピーしました