米国株投資の為替の罠。確定申告が必要なパターンを抑える

米国株投資の為替の罠 投資の知識

最近米国株投資を始めました。長年最高値を更新し続けるS&P500という最強指数を持つ米国です。

さすが世界経済の中心ですね。GAFAMを筆頭とした世界的な企業も多数あり、これは投資するしかない! と単純な理由で始めました。

そんな米国株投資ですが、1つだけ気になるのは為替です。

米国株投資は日本円ではできません。ドルで米国株を買う必要があり、持っている円をドルに変えてから投資する必要があります。

そうなると為替の影響で利益が出てしまうことが考えられます。

円安になり利益が出てしまった場合、特定口座でも確定申告が必要なケースがあるので注意が必要です。そんな為替の罠について、回避策も含めて説明していきます。

米国株投資の為替差益とは

為替差益とはその名の通り為替の変動による利益のことです。

1ドル100円のときにドルを買い、円安になって1ドルが110円になったとします。そうすると10円の利益が発生します。

こういった為替の変動による利益を為替差益といいます。

米国株投資をする場合は円をドル転する必要がありますが、この為替差益も忘れては行けない観点になります。

為替差益が発生した場合は確定申告が必要なることも

証券口座にドルをほったらかしにしておいて、為替が変動して利益が出てしまうと確定申告が必要になります。

「特定口座なら証券会社が自動で計算してくれるんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、特定口座でも自動計算してくれるのは株や債券、投資信託等の金融商品を買った場合のみであり、口座内にある現金の為替差益は計算されません。

そのため、ドル転したときのドル円のレートを確認して利益が出ているか自分で計算する必要があります。(正直、この時点で数を重ねるとしんどいです。)

為替差益で確定申告が必要なる場合とならない場合

為替差益を気にしだすと、この場合はどうなのか?といういくつかパターンが思いつくと思います。

為替差益による確定申告が必要になるパターンと必要にならないパターンにわけて解説していきます。

※特定口座(源泉徴収あり)の場合です。それ以外の場合は確定申告が必要になります。

為替差益による確定申告が不要なパターン

確定申告が必要でないパターンは以下のようなものがあります。

  • 米国株購入後、円安になったときに売却した場合
  • ドル転したまま放っておく場合

米国株を購入後は時間が経過するので為替によって評価額は大きく影響を受けるはずです。

そうなると為替だけで利益が出る場合もあるでしょう。ただ、米国株購入後の為替差益については証券会社が自動で計算してくれます。株を買いさえすれば基本的に為替差益を自分で計算する必要がないということですね。

また、ドル転して放ったらかしにしておいた場合も確定申告は不要です。「ドルのまま」の場合は利益が確定していないためです。ただ、利益が出た状態で円転すると確定申告の対象になるので注意が必要です。

為替差益による確定申告が必要なパターン

確定申告が必要なパターンは基本的に「ドルの待機資金があり、円安になった場合」です。

例えば以下のようなパターンがあります。

  • ドル転した後に円安になり、米国株を購入した場合
  • 配当金が入金され、待機させておいて円安になった場合
  • 米国株を利益確定して、円安になってから再び米国株を買った場合
  • 米国株を利確した後に円安になり、円転した場合

このように、ドルの待機資金が円安になった場合は確定申告が必要になってしまうので注意が必要です。

特に、待機資金のドルが円安になって利益が出ている状態で米国株を買った場合に確定申告が必要になるのは気づきにくいです。

「ドルのままなんだから関係ないんじゃないの?」

と思いますが、円安で利益が出ている状態で米国株を買った時点で利益が出たとみなされます。

ただ、正直この資金は何ドル円が何円のときの資金で、米国株を買ったときは何ドルだった、なんて個人で管理するなんて正直無理です。頻繁に取引するような場合はさらに難しくなるはずです。

待機資金1万ドルの為替差益の内約を計算せよ、なんて言われても無理ですよね。

米国株投資を行う場合は為替差益を気にしないために、待機資金を残してはいけません。

為替差益を気にしないで米国株を買う方法

為替差益で確定申告が必要になる、なんて言われると米国株投資もやりづらくなりますよね。

為替差益をきにしなくていい米国株の取引方法を2パターン紹介します。

「円貨決済」で売買する

証券会社によっては「円貨決済」という外国株の売買方法があります。

方法は単純で、外国株を買いたいときの為替レートで円貨決済が可能になります。ドル円が100円のときに100ドルの株を10株買う場合は10万円と手数料があれば円で購入が可能になる決済方法です。

待機資金が常に円になるので為替差益を自分で計算する必要がありません。

ただ、株を売買するたびドル円の決済がされているので手数料が割高になりがちであることがデメリットです。

待機資金で外貨建MMFを買う

待機資金で「外貨建MMF」を買うと為替差益の計算が不要になります。

外貨建MMFとは外貨建Money Market Fundの略で、外貨で運用される投資信託のひとつです。

格付けの高い短期の国債や地方債、社債などで運用されるため、比較的安全性が高いものとなっています。

売買手数料がかからないのも特徴です。

証券会社では金融商品を購入した場合は為替差益を計算してくれるので、待機資金で外貨建MMFを買って寝かせておけば為替の変動によって確定申告をするといった面倒な手間が減ります。

デメリットとしては管理コストが少々かかることですが、運用利回りもあるので管理コストが大きくなることも少ないともいます。

SBI証券の場合はドル建MMFの場合は売却するとすぐに余力に反映されるので、米国株を買いたいタイミングで売却してすぐに資金が使えるようになります。

出典:SBI証券
>>SBI証券公式サイトを確認する

この方法はドル円の両替が発生しないので手数料が安くすみます。売約すると即時余力に反映されるのも魅力ですね!

米国株投資をする際は待機資金を残さないように

米国株投資をする場合は待機資金をいかに残さないようにするかがポイントになりそうです。

待機資金の評価額が変わると確定申告が必要になるので、円貨決済をするか外貨建MMFを購入することで為替差益の計算を避けましょう!

タイトルとURLをコピーしました