【2021年4月】株の損切を振り返る

ロスカット振り返り トレード振り返り

株式投資の2021年4月の振り返りをしていきます。

損切の振り返りは大事ですからね。

同じ過ちを繰り返さないように、何がだめだったかも自分なりに振り返っていきます。

2021年4月 ロスカット振り返り

2021年4月のロスカットした銘柄を振り返っていきます。

先月から久しぶりにトレード再開したのでまだまだ少ないです。

インフォコム【4348】

電子書籍「めちゃコミック」を運営する会社です。

トレードをするときは基本的に業績がいい会社からテクニカルで良さげなところを選んで買っているのですが、インフォコムの業績は以下のとおりです。

年度売上高営業利益純利益1株益(円)
16. 340,3164,42772813.3
17. 341,7684,7763,26159.6
18. 345,7745,8294,64084.9
19. 351,7286,8894,78387.5
20. 358,3758,2115,543101.3
インフォコム業績

順調に右肩上がりですね。

電子書籍の売上はここ最近かなり好調のようで、インフォコムもかなり順調に売上を伸ばしています。

コロナショックで一時的に暴落したものの、巣ごもり需要で反発し、一時は株価が4400円くらいまで上昇しました。

その後、3000円を割り込んできましたが、少しずつ上昇を始めたようなので、4月の75日線を超えたところで入りました。

3000円を超えたところで買ったのですが、一瞬で75日線を割り込み、2回目も超えましたがすぐに戻されました。

電子書籍を取り扱うメディアドゥが先行で決算をは発表しましたが、来期予想は巣ごもり需要の反発から成長が鈍化するような予想が発表され、直近の株価7000円ほどから3日ほどで5760円まで暴落しました。

インフォコムも同様に伸びが鈍化する可能性もあるな、と思ったことと抵抗線で弾き返されたことから一旦損切しました。

このまま上がりそうな雰囲気を感じたのですが、予想と外れたので損切です。

まとめ

損したくない。

それに限りますね。

振り返って思うことは、やっぱり違和感を感じたら早めにロスカットすべきということです。

直感は意外と当たるもんだなぁ。と経験から思いますね。

早く元本復帰したいです。

タイトルとURLをコピーしました